若返りにはフェイスリフトの手術が勧告

美容整形外科でフェイスリフト施術にあたって若返り作用を得るという人類は多いですが、フェイスリフトはいかなることをするのでしょう。フェイスリフトの執刀で今主流になっているのが、SMAS法というものです。人肌を上に引きあげる場合、SMAS筋膜という肌って接してある筋膜も上げます。肌だけでなく班全体をアップできるテクなので、若返りの作用を長く持続することができます。耳の手前のシワから耳の後方までぐるっと牝を添えるのがSMAS法の基本的なテクだ。たるみがある肌をSMAS筋膜別剥がして上部に引っ張り、変にならないように配します。皮下脂肪別たるみを掲げることができるので、変さがなくなります。最後に空白分の肌を切り落とします。執刀の際には局所麻酔をするので殊に痛みを感じることはありません。執刀に必要な時間は2、3チャンススケールですが、作業場にてまちまちです。週後述くらいに抜糸がありますが、入院することはありません。フェイスリフトの執刀後は人によっては赤く腫れることがありますが、10日光から2ウィークでひいていくでしょう。どの程度若返り作用が現れたかは、3カ月後に浮腫がきれいになくなって、表情がすっきりした場合わかります。フェイスリフトにあたって表情の若返りを目指す場合には、施術後にいかなるケアが必要かなども加味した上で事前のコンサルテーションを受けることが大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ