加齢と共にしみやくすみは目立つようになります

加齢と共に、しみやくすみは目立つようになります。しみの治療法に、レーザーを使うものがあります。Qスイッチルビーレーザーというレーザーを使うしみ治療に関心が集まっています。レーザー治療で効果があるのは肝斑以外のすべてのしみです。ある程度の濃さがあるしみを治療することが可能です。光治療ではできないあざの治療をすることもできます。Qスイッチルビーレーザーを用いたしみ治療は、しみを一つ治療するのに数十秒で済んでしまうと言われています。治療に際して痛みはありますが、輪ゴムで皮膚を軽く弾いた程度です。麻酔クリームを塗っておくことで、光治療よりやや痛めといっても、さほど気になるほどではないといいます。しみの治療のためにレーザーを使うことで、短時間で、さほど回数を重ねずとも治療をすることができます。1回の治療でほとんどのしみをきれいに取り除くことができます。光治療では火傷をおこしやすい体への治療にもレーザーは向いています。パワーが強い分、薄いしみの治療に使うと逆に治るまで色素沈着のほうが目立ってしまうことがあるので注意が必要です。レーザーでのしみ治療では、まずメイクを全て落とし、麻酔クリームを塗り付けた上でレーザーを皮膚にあてていきます。治療部位にばんそうこうをして、治療完了です。しみの治療をしたいと考えている人は、レーザーを使う方法を考えてみてはいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ